法律 離婚問題

離婚問題に関する法律

日本には、夫婦が離婚する権利を定めた法律があります。
ただ、離婚問題に関する法的解釈は、判断が分かれることが多く、決定打となる要素はあやふやな点があります。
離婚の法律の中には、婚姻を継続しがたい理由という要素もありますが、これも人によって解釈に相違が生じます。
不倫をしたという事実があれば、離婚は認められますが、相手が断固として認めない場合は、話が拗れたりします。
昨今の動きとして、一定以上の別居状態が続いた場合に離婚を認める内容も盛り込まれようとしています。
しかし、この件についても、どこまでが有効性を持つかが議論の対象となっています。
一度結婚した夫婦が別れるためには、それ相当の理由が必要となると考えて良いでしょう。
調停で離婚の話し合いがこじれた場合は、裁判に持ち込むこともできます。
ただし、離婚が認められるケースとしては、相手が全面的に責任があると判断された場合のみです。
勝算を増やすためには、弁護士の助けも必要です。

Copyright© 法律 離婚問題 All Rights Reserved.